ゼロカロリーの食べ物、飲み物でも太る?人工甘味料は危険?

食事・サプリ
引用元:http://weheartit.com/
ダイエットや減量期に甘いものや飲み物を求めてしまうこともあると思います。コンビニや自動販売機で多く見かけるようになったカロリーゼロ、0カロリー、カロリーオフというような商品を食べたり飲んだりすると太らないのでしょうか?人工甘味料を摂ることによるメリットデメリットをまとめました。
Facebook Twitter はてぶ LINE
 

ayakaさん(@_dietdietdiet_)がシェアした投稿


ダイエットを頑張っているという方であれば、ゼロカロリーの食品に興味があるかと思います。
ゼロカロリーの食品にダイエットの効果はあるのか?そしてゼロカロリーの食品に危険性はないのか?という点は気になる方も多いと思います。
そこでゼロカロリーの食品とはいったいどのようなものなのか、また本当に危険性などがなくダイエットに有効なのかについて調べてみました。ダイエットでの食事メニューを考えている方は、ぜひ参考にしてください。

ゼロカロリー食品とは?

最近ではゼリーやドリンクなどをはじめ様々な食品で、カロリーゼロやカロリーオフといった表示を見受けます。
しかし本当にカロリーが「ゼロ」なのでしょうか?
実際のところ全くのゼロというわけではありません。

厚生労働省が定める栄養表示基準に基づく栄養成分表示においては、食品に含まれる糖類が0.5g以下つまり5カロリー以下では[無、ゼロ、ノン、レス]といった表示をつけても良いとされています。このようにほんの少しかもしれませんが、カロリーがあります。しかし一般の食品に比べれば「ゼロカロリー」や「ノンシュガー」と謳われている商品に含まれるカロリーは低いとは言えそうです。

カロリーゼロ商品に含まれる「甘味料」


ゼロカロリーの商品は砂糖の含有率はとても低いですが、なかにはけっこう甘いものもあります。この甘さの由来は「甘味料」のおかげです。甘味料にはいくつか種類があり、天然のものと人工的に作り出したもので分かれます。これらは舌の上の甘みを感じるセンサーに砂糖などと同じくくっつくため、脳が甘みを感じます。人工甘味料の中には砂糖の数百倍という強い甘みを感じるものもあります。
しかしほとんど消化吸収されないために、カロリーにはなりません。そのためゼロカロリーと表示のある食品などによく使われています。しかし人工の甘味料は健康に与える影響などから、やや危険視もされています。

人工甘味料について

 

きゅぅさん(@q_chan666)がシェアした投稿

人工の甘味料については様々な研究が行われているところですが、なかにはかなり危険性があるという検証もあります。人工甘味料を取りすぎることで考えられるデメリットを以下にあげます。

  1. 肥満しやすい体質になる
    体内に糖分が入ると血糖値があがります。そのため内臓に血液中の糖分を取り込むことで血糖値を下げようと「インスリン」というホルモンが分泌されます。人工甘味料を摂取することはインスリンの分泌などに異常を起こしてしまう危険性があります。そのため脂肪を溜め込みやすい体になってしまうといったおそれがあります。

  2. 満腹を感じにくくなる
    人工甘味料はレプチンという満腹を感じるホルモンも多く分泌させます。レプチンが出続けると満腹を感じる機能がマヒしてしまって、食べてもお腹がいっぱいになったと感じにくくなる可能性があります。ゼロカロリーとはいえ大量に食べてしまうとやはり太ってしまうので注意が必要です。

  3. 味覚障害になる
    人工甘味料は甘みがとても強いため、取りすぎるとだんだんと甘さを感じる「味蕾」の働きが鈍くなって、より強い甘みを求めてしまうようになる危険性があります。

  4. 甘さに依存的になってしまう
    また人工甘味料の強い甘みに慣れてしまうと、次々と甘いものを欲しくなってしまうなど中毒的になってしまうことがあります。人工甘味料なかにはコカインといった麻薬以上の中毒性があるとされているものもあります。

  5. がんやうつ病になるおそれがある
    人工甘味料のなかには発がん性やうつ病になるリスクを増やすと警告されているものもあり、安全性が疑われているものもあります。多少ならば問題はないのかもしれませんが、気をつけておかねばならない内容だと思います。

以上のように人工甘味料は少なからず危険性もあります。

ゼロカロリーの商品自体にはカロリーが非常に少ないですが、このように体質が変化してしまうことで太りやすくなってしまうと、かえってダイエットや減量につながらないかもしれません。糖尿病になってしまうリスクが増えるなどの指摘もあり、安全性も確保されているとは言いがたいです。
最近の食品には使われていることも多いですが、あまり大量に摂取することによる影響は気になります。

天然の甘味料を使うと安全

ダイエット中でも甘いものが食べたいときは、人工甘味料の多いゼロカロリー商品よりも天然の甘味料を使う方が体には安心です。
天然の甘味料には「エリスリトール」や「キシリトール」、「ステビア」などがあります。これらも人工の甘味料と同様にとても甘いですが、過剰に摂取しなければ体には問題ないようです。料理にも使えるので、うまく使えばダイエットや減量に活かせるでしょう。

まとめ

ゼロカロリーの食品自体にはあまりカロリーが含まれていないため、短期的にはカロリーの摂取量を抑えることでダイエットにつながるかもしれません。
しかしゼロカロリー商品に含まれる人工甘味料は体質を変化させてしまう危険性があります。食べることでより太りやすくなってしまったり、健康を損なっては意味がありません。ダイエットに使うのであれば天然の甘味料を使うなど、あまり依存的に用いない方が健全です。

Facebook Twitter はてぶ LINE