筋トレで身長は伸びる?止まる?小学生&中学生はトレーニングすべき?

トレーニング
引用元:http://weheartit.com/
小学生や中学生くらいのタイミングで筋トレをすると身長が伸びなくなるという話はよく聞きます。しかし本当に身長は筋トレによって止まってしまうのでしょうか?身長を止めずに適度な運動やトレーニングはできないのでしょうか?子供の筋トレによる影響についてまとめました。
Facebook Twitter はてぶ LINE

筋トレを行うと身長が伸びにくくなるという話は、多くの方が聞いたことがあると思います。
その説は本当なのでしょうか?確かに筋肉質な人はあまり背が高くないイメージがあります。小学生や中学生など背が伸び盛りのときは、筋肉はつけたいけれど身長の伸びが止まってしまうことは困るため、トレーニングをすべきか迷ってしまうかもしれません。そこで果たして筋トレは、身長の伸びを妨げるのかについて考えてみました。

筋トレをするとなぜ骨の成長に影響があるのか?


そもそも筋トレとは負荷を与えることで一度筋繊維を壊し、再生させることをくり返すことで少しずつ筋肉を強くしていくトレーニングのことになります。そのため筋肉や関節に一定の負荷がかかることは確かです。
筋トレが身長の伸びに良くない理由の一つに、筋肉が骨を抑えつけてしまうからということが言われます。しかし、最近ではそのようなことはあまりないと言われています。骨が伸びる力はとても強いため、骨の成長が筋肉によって妨げられるということは考えにくいからです。

身長を伸ばす要因

 

K_workoutさん(@tarokenful1)がシェアした投稿


身長に影響を与えるのは「栄養」「遺伝」「成長ホルモン」などです。これらの要素が合わさって、人の身長が決まってきます。

栄養についてはカルシウム・マグネシウム・亜鉛・タンパク質などをバランスよく含んだ食生活を行うことが大事です。身長の高さにも大きく関係します。遺伝も身長を決定する要因としてはとても大きいです。しかしこればかりは後天的に何とかすることは難しそうです。成長ホルモンは筋肉の増強、脂肪の分解促進、骨の強化、疲労回復など体の成長に深く関わるホルモンです。骨を伸ばしたり筋肉も発達させるため、身長の伸びにも関係します。成長ホルモンは子供から思春期の頃に盛んに分泌されますが、加齢とともに減っていきます。成長ホルモンは睡眠時に多く分泌されます。夜更かししてしまうことで熟睡ができないなど、睡眠の量や質が悪化すると成長ホルモンの分泌に影響することから身長の伸びにも関わると考えられます。

大事なポイントとして、筋トレを行うことはこの成長ホルモンの分泌を促すことがわかっています。筋トレを行うと疲労した体と筋肉を回復させるために、成長ホルモンの分泌が多くなります。これだけを見るとむしろ筋トレは身長の伸びに貢献してくれそうに思えます。

間違った筋トレは身長や身体の成長に悪影響を与える


では、なぜ筋トレをすると身長が伸びないと言われるようになってしまったのでしょうか?おそらくトレーニングすることでなく、間違ったトレーニングが与える悪影響の問題ではないかと思われます。

全米ストレングス・コンディショニング協会(NSCA)などの公式見解でも、正しく行なわれる筋肉トレーニングは成長期の子供にも総合的な健康増進に効果的である、とされています。ですがここでも但し書きがあるように、「正しい」という点が大切です。
間違った方法での過度なトレーニングで、一部の筋肉や関節に負担をかけてしまうことでの悪影響は考えられます。とくに骨の末端にある軟骨(骨端軟骨)の部分は傷つきやすく、過度な負担がかかると潰れてしまう可能性があります。骨端軟骨は骨の伸びしろの部分であるため、ここが傷んでしまうと成長を阻害してしまうことが考えられます。とくに成長期は気をつけないとなりません。
本来伸びるべきだった部分が伸びなくなってしまう恐れがあります。その点では筋トレが身長の促進を妨げてしまうと言えるかもしれませんが、それもトレーニングのメニューややり方の問題です。筋トレそのものが問題になるわけではありません。

身長を伸ばすための筋トレを行う時に気をつけるポイント


身長の伸びに悪影響を与えないように筋トレを行うためには、自己流でやらずにきちんとフォームややり方を理解したうえで行うことが重要です。

  • 負荷を上げすぎない
  • 複数の筋肉や関節を使ったトレーニングをする
  • 適度な休息は欠かさない
  • 運動した後にバランスの良い食事を取る

ことがとても大切になってきます。

過度に飛び跳ねたりして、膝などの間接に極端に負担をかけるのはよくありません。
またバーベルやゴムなどの運動器具を使ってしまうと、負担が大きくなるためやや危険です。腕立て伏せなど自分の体の重みを使ったトレーニングであれば危険性は低いです。
これらの点をふまえつつ行えばそこまで体の負担にはなりません。

まとめ


以上の事などから、筋トレをすることが身長の伸びを止めるという説は正しくはなさそうです。むしろ適切な筋トレは成長ホルモンの分泌を促すために、小学生や中学生であっても取り入れる方が身長を伸ばす可能性が高いです。

しかし、トレーニングのやり方には注意が必要です。無理な筋トレによって体を傷めてしまうと、それによって身長が伸びなくなってしまうことはあり得ます。過度にやりすぎずに、正しいフォームで行う必要があります。しかし適度な筋トレは健康にも良く、ダイエット効果などもあるため大人子供を問わずとても有益です。筋トレの効果でぜひ健全な体を手に入れて下さい。

Facebook Twitter はてぶ LINE