筋トレに必須!?グルタミンの効果と飲むタイミング

食事・サプリ
引用元:http://weheartit.com/
筋トレをしていく中でプロテインやBCAAなどを購入して飲んだりしている方も多いと思います。筋肉量の減少を抑制するためにはグルタミンの働きが大切です。筋肉について以外にも健康に重要な働きが多くあります。グルタミンの効果や副作用、いつ飲むべきかまとめました。
Facebook Twitter はてぶ LINE

基本的に筋肉量というのは、筋トレをしなければ増えていきません。
また、一生懸命に筋トレをして筋肉量を増やすことができたとしても、トレーニングの期間が少し空いてしまったりすると、筋肉量はすぐに減り戻ってしまいます。
そのため、トレーニングをしていく上で、筋肉量の低下(減少)を抑えるということは非常に重要です。その点で重要になる成分の一つが、グルタミンです。

今回は、このグルタミンの特徴や筋肉との関係などについてご紹介していきましょう!

グルタミンとはどのような成分なのか

 

reversalさん(@reversal_com)がシェアした投稿

グルコサミンではなく、グルタミンというものを初めて聞いたという人もいるかと思います。そのグルタミンの正体というのは、アミノ酸です。
ただし、アミノ酸については、必須アミノ酸と非必須アミノ酸に分けられます。まず、必須アミノ酸については、体の中で合成できないアミノ酸となります。それに対し、非必須アミノ酸については、体の中で合成できるアミノ酸となります。グルタミンは、非必須アミノ酸に分類されるます。
体の中で色々な働きをし、多くの効果をもたらしてくれるのがグルタミンであるため、その効果についてご紹介していきます。

  • 免疫力のアップ!
    人体にとって、免疫力というのは大事です。免疫力が低いと、すぐに風邪をひいてしまったり、他の感染症にかかるリスクが高まります。そのため、免疫力を低下させないように気をつけながら生活しなければなりません。
    グルタミンには、免疫力をアップさせる効果があるため、この点は大きいでしょう。

  • 腸の活動をアシスト!
    グルタミンについては、腸の活動をアシストするという働きもあります。腸の活動がスムーズでない場合、腸内環境の悪化や、便秘などになってしまう可能性があります。
    したがって、グルタミンには、便秘改善の効果も期待できるということですね!

  • アルコールの代謝を促す!
    グルタミンには、アルコールの代謝を促す効果もあります。アルコールの代謝がスムーズにいかない場合、二日酔いの症状に陥るリスクなどが高まります。そのため、この点におけるグルタミンの効果も大きいですね!

筋肉とグルタミンの関係について


筋トレをする人々にとっては、筋肉とグルタミンの関係が一番気になりますよね。
まず、グルタミンというのは体の中で合成されるものです。
しかし、グルタミンは様々な要素によって消費されてしまうものでもあります。筋トレをすることによっても消費されていきます。そのため、体の中で合成されるグルタミンだけに頼るのではなく、積極的にグルタミンを体の中に取り入れていく必要があるということです。

なぜ積極的にグルタミンを摂取する必要があるのか?というと、仮に、グルタミンが足りない状態になれば、筋肉を分解することでグルタミンを作り出そうとする現象が起こってしまうためです。
そうなれば、筋肉の量が減ることに繋がっていきます。せっかく筋肉をつけるために激しいトレーニングをしていても、筋肉が減ったり、増えづらい状況になることは避けたいところです。
グルタミン不足による筋肉量減少であれば、グルタミンを十分に摂取することによって、筋肉の分解を抑えられるわけです。
したがって、筋トレをするにあたっては、グルタミンの摂取を意識しておいた方が良いでしょう。

グルタミンを摂取するタイミングについて

 

Johjiさん(@jo_____ji)がシェアした投稿

グルタミンについては、色々な食品に含まれていますが、サプリメントによって摂取した方が気軽で食事面への影響も少なくオススメです。値段も高くはありません。

また、飲むタイミングについては、絶対にこのタイミングでなければならないということはありません。ただ、推奨されるタイミングとしてトレーニング後が挙げられます。
筋トレをすることで、多くのグルタミンが消費されることになります。そのため、消費されたグルタミンを補うという意味でも、やはりトレーニング後が一つのタイミングとしてオススメです。

グルタミンの過剰摂取による問題について


グルタミンは、食事内容によって摂りすぎになってしまうことは考えられません。しかし、サプリメントをたくさん飲むことによって、気軽さゆえ過剰摂取になってしまうケースについては考えられます。グルタミンを過剰摂取してしまった場合、一番の問題は肝臓へ負担がかかるという点です。
筋肉量の減少が困るとはいえ、内臓(肝臓)を壊してしまっては元も子もありません。グルタミン摂取は適量の範囲で摂取するようにしましょう。
1回の摂取で10グラム以下に抑えましょう。

まとめ

 

sam-Make My Dayさん(@sammmdvo)がシェアした投稿

グルタミンには、色々な効果があります。
仮に、体の中でグルタミンが合成されず、取り入れることもしなかった場合、健康に支障が出るでしょう。それだけ重要な働きをしてくれるのがグルタミンですので、毎日しっかりと摂取することをおすすめします。

Facebook Twitter はてぶ LINE