筋トレするならアルギニンを摂取するべき?効果や副作用はあるの?

食事・サプリ
引用元:http://weheartit.com/
筋トレをして筋肉を大きく成長させていくなら、アルギニンの効果や副作用については知っておきましょう。色々なサプリがある中で、アルギニンは筋肉にどのような影響があるのか、適切な摂取量はどのくらいなのか等の情報をまとめました。
Facebook Twitter はてぶ LINE

筋肉というのは、ただ筋トレをするだけでは中々成長してくれません。
トレーニングをしてすぐに筋肉が大きく成長してくれるのであれば、効果的な筋トレが行えているのか、間違った筋トレ方法なのか直ぐに判断できます。筋肉の成長には時間がかかるため、間違った知識のもと筋トレを続けてしまい、失敗してしまったという人も多くいるでしょう。

少しでも効率的に筋肉を成長&肥大化できるように、筋肉の強化をアシストしてくれるような成分を体に取り入れることも重要です。そこで今回はアルギニンという成分に着目し、その効果や副作用の有無などについてご紹介していきます。

アルギニンとは何か

 

kazumaさん(@ironkazuman)がシェアした投稿


アルギニンの正体は、アミノ酸です。
アミノ酸については、体の中で作られるものとそうでないものとに分けられます。
アルギニンは体内で作られるため、サプリメントなどでの摂取の必要性について疑念を抱く方もいるでしょう。しかし、ポイントになるのは体内で作られる量です。アルギニンが体内で作られるその量については、年をとるにつれて減っていきます。

アルギニンの摂取方法は、エビやカツオ、鶏もも肉や馬肉など、その他多くの食べ物に含まれており、食事によって摂取することが可能です。
また、アルギニンを含むサプリメントやドリンクについても、いろいろな種類が販売されています。比較的お手軽にアルギニンを摂取することが可能になってきています。
では、そのアルギニンと筋トレにどのような関係があるのでしょうか。次の章で詳しく見ていきましょう。

アルギニンが筋トレに役立つ理由について

 

Kouさん(@kou_workout)がシェアした投稿


アルギニンと筋トレの関係について説明する前に、まずは一酸化窒素について説明したいと思います。

体の中では、一酸化窒素を発生させる仕組みがあります。
その量が増えることにより、色々なメリットを得られます。その1つが、血管の拡張です。
血管が拡張すると、血液の循環が良くなります。このことにより、筋肉に対してもスムーズに栄養が送られます。

アルギニンを摂取すると、この一酸化窒素が多く作られるようになります。アルギニンを摂取することは、筋肉を強化する上でプラスになるということです。

アルギニンの他の効果について

 

REIMIさん(@cheereimi)がシェアした投稿


アルギニンを摂取することによる効果は、他にも多くあります。

  • 成長ホルモンの分泌を促進する
    まず、成長ホルモンの分泌についてはとても重要であり、仮に不足すると、色々な問題が出てきてしまいます。
    集中力が切れやすくなったり、筋肉や骨の量が減ってしまうだけでなく、中性脂肪が増えるなどの問題が出てくる可能性も高いです。
    アルギニンについては、成長ホルモンの分泌を促進する効果が期待できるため、積極的に摂取しましょう。
  • EDの改善
    EDというのは、人によってはとても悩ましいことです。子供をつくりたくても、EDでは中々難しいため、医療機関へ行って治療を受ける方も多いです。
    アルギニンについては、EDの改善、そして予防の効果も期待できます。そのため、現時点でEDになっていなかったとしても、予防という意味でアルギニンを摂取する方も多いです。
  • コラーゲンの生成を促進する
    アルギニンについては、体内におけるコラーゲンの生成を促進する効果も期待できると言われています。コラーゲンというのは、肌にとってとても重要な成分であり、不足すると、肌荒れが起きるリスクが高くなってしまいます。
    逆に言えば、アルギニンの摂取によって、美肌の実現やキープにつながるということですね。

この他にも、アルギニンには多くの効果があり、「体内で作られるから大丈夫」と考えてしまうのではなく、意欲的に摂取することをおすすめします。

しかし、アルギニンの摂取による副作用はないのでしょうか?過剰摂取を避けるべき成分もあるため、その点についても知っておきましょう。

アルギニンの副作用について


アルギニンを過剰摂取した場合に副作用が出る可能性があります。
普段の食事からアルギニンを摂ることも可能ですが、食事だけではアルギニンの過剰摂取になることは考えにくいです。

アルギニンの過剰摂取になるケースは、アルギニン配合のサプリメントを必要以上に飲むことにより起こる可能性があります。
アルギニンの過剰摂取での副作用は、胸やけや胃痛、下痢、嘔吐などの症状がでることがあります。摂取量には気をつけて、摂取するようにしましょう。

アルギニンの適切な摂取量について

アルギニンの効果を得るために、摂取する量は成人で最低3g~5gが一般的です。アルギニンの効果を考えると最低摂取量よりは多く摂取する必要があります。
また、副作用の面で気になるのは上限の摂取量ですよね。アルギニンの摂取量上限は成人で21g程度までは問題ないと言われています。

まずは5g程度から飲み始めて、摂取量を増やしていき、自分に最適な量に調整していくことをおすすめしています。
体の大きさ、体質、体重、筋肉量や年齢、食事の内容によってて適量が変わりますので、摂取しすぎないように最低摂取量から調整していきましょう。

まとめ

 

Aiko_Baliさん(@koni_bali)がシェアした投稿

今回は、アルギニンと筋肉との関係や、アルギニンの効果、そして副作用についてご紹介しました。アルギニンは、とても大きな働きをする成分として注目されています。そのため、過剰摂取にならない範囲で積極的に摂取するといいでしょう。
ただし、アルギニンを飲むだけで筋肉が成長されるということではありません。その点を誤解しないで、筋トレの効果を最大化できるように摂取してみても良いと思います。

Facebook Twitter はてぶ LINE