産後太りの原因は何?芸能人が痩せた産後太り解消方法はこれ!

引用元:http://weheartit.com/
赤ちゃんが産まれて、妊娠前の体型に戻るかと思いきや体重が全然減っていかない...。出産後、痩せないことで焦らないように産後太りの原因を理解しておきましょう。芸能人(神田うのさん・藤本美貴さん・蛯原友里さん)が産後太りから痩せた解消法の情報もまとめました。
Facebook Twitter はてぶ LINE

赤ちゃんが産まれたら元の身体に戻ると思っていたら、なかなか減らない体重に焦りが…。
そうならないためにもポイントを押さえて、産後太りを解消し、美ボディを手に入れていきましょう。

産後太りの凶元は皮下脂肪

 

Sanaさん(@sanpo_biyori)がシェアした投稿

出産を終え、赤ちゃんはお腹の中には居ないはずなのに…増えた体重は出産したからといって思うようには減りません。

その理由は妊娠中にどれだけ体重が増えたとしても、出産の時に減るのは赤ちゃんの体重分にプラス胎盤と羊水をあわせて5kgくらいで、残りは血液と皮下脂肪で産後すぐに減るという訳ではないからです。

妊娠中に赤ちゃんに栄養を届けるために増えていた血液は、出産後には母乳として赤ちゃんに栄養を届ける役割に変わり、産後に母乳を赤ちゃんに飲ませてあげることによって1日に500kcalも消費することができるので、母乳育児によって体重がみるみる減っていく場合もあるようですが、母乳は産後すぐに全ての人が溢れるように出てくるものでもないので、焦らずゆっくり進めていくことが大切です。

また、もう一つ妊娠中に蓄えていたのが赤ちゃんを外部の衝撃から守り、暖めてあげるためにクッションの役割をしてくれていた皮下脂肪分で、出産後の身体には皮下脂肪は必要のないものとなり、この増加した皮下脂肪を落とすことができるかどうかが、産後太りを解消できるキーポイントとなります。

産後太りには早めの骨盤矯正が重要

妊娠中はリラキシンというホルモンが分泌されることで骨盤は開いていき、そのおかげで赤ちゃんは産道を通って産まれてくることができるようになります。
緩んだ骨盤は徐々に閉じていき、産後6ヶ月を過ぎる頃には硬く閉じてしまうと言われいます。

出産を終えたばかりの骨盤は非常に柔らかいので、骨盤の歪みを矯正するのに適した時期でもあり、骨盤ベルトやガードルなどで引き締めることで内臓が元の位置に戻り、基礎代謝も上がってきます。
逆に言えば、この時期に骨盤矯正をし損ねてしまうことが産後太りに大きな影響を与えてしまう原因になってしまうのです。

産後太りを解消した3人の芸能人をご紹介

産後太りを解消するには皮下脂肪を減らすことと、骨盤を引き締めることが大切だということがわかりました。妊娠前の体型に戻すための秘訣を神田うのさん・藤本美貴さん・蛯原友里さんを参考に見ていきましょう。

神田うの「樫木式カーヴィーダンス」

スラリとした身体が印象的な神田うのさんは2011年の第一子妊娠期には19kgも増量してしまったのだとか…。

完全母乳で育児をしていた神田うのさんは産後1ヶ月でみるみると体重は減り、10kgは難なく減らせたようですが、元々の体重に戻すために取り入れたのが樫木裕実さん考案のカーヴィーダンスだったそうです。

カーヴィーダンスは骨盤をリズミカルに動かすエクササイズで、脂肪の燃焼だけでなく、ウエストのくびれやしなやかな筋肉で美しい身体のシルエットを作り出す人気のトレーニングです。

リズムに合わせて腰をまわしたり、肩胛骨を伸ばしたりすることでホルモンの分泌も活性化され、基礎代謝も上がってきますので、皮下脂肪を落とすダイエットだけではなく、健康的な身体づくりを目的として始めるのもよいかもしれません。

藤本美貴「グラビティヨガ」

 

Mami.Iさん(@mtdmm2017)がシェアした投稿

元モーニング娘。で2児の母でもある藤本美貴さんは第一子妊娠中に14kgの増量し、出産後にグラヴィティヨガの資格を取得し、骨盤の歪みを無理なく整えながら、元の体重に戻すことに成功したそうです。

藤本美貴さんはグラヴィティヨガのインストラクターとしても活性されていますが、一般的なヨガスタジオは行われていない特殊なヨガで、地球の引力に身を任せるように自重(グラヴィティ)によって身体を緩めていき、身体の歪みを整え、自立した身体を作り上げていくことを目指していきます。

アーサナー(ポーズ)の間は、アングルドボルスターというクッションのような物を使い、身体への負担を軽減しながら進めていくため、産後の身体でも無理なく始めやすいのが魅力ですね。

蛯原友里「パーソナルトレーニング」

1児の母である蛯原友里さんは産後1ヶ月半でモデル復帰されていて、産後とは思えないパーフェクトボディに回復した姿にトップモデルのプライドを感じます。

蛯原友里さんが行った産後太り解消方は、ホットヨガで身体の老廃物を排出したり、入浴後にチューブなどを使ったストレッチを行い柔軟性を高めたりと日々のメンテナンスの他に、ボディメイクトレーナーである横手貞一朗さんのパーソナルトレーニングを受けることで本格的に身体づくりを行ったようです。

身体の外側だけではない、インナーマッスルからトレーニングを行うことで、バストやウエストは勿論、デコルテから背中、足先までも含めたきめ細かなトータルトレーニングができるのが、パーソナルトレーニングの魅力であり、トップモデルでい続けられるのも努力の賜物なんですね。

また蛯原友里さんはハーバルセラピストの資格を取得されていて、便秘解消やデトックス効果、母乳に効果のあるハーブティーを飲んでいたそうです。

 ポイントを押さえて産後太りを解消しましょう

妊娠中に体重が増えてしまうのは、赤ちゃんをお腹の中で守り、育てるためには必要なこと…とはいえ、産後太りはしょうがないものと諦めずに「皮下脂肪燃焼」と「骨盤矯正」をポイントに産前の身体に戻すことを目標に頑張っていきましょう。

Facebook Twitter はてぶ LINE