【徹底比較】コンビニのプロテイン飲料(ザバス、ウィダー、ライザップなど)比較

食事・サプリ
引用元:http://weheartit.com/
【定期情報更新中!】コンビニで手軽に安くプロテインドリンクが買える時代がやってきました。色々なメーカーからプロテイン飲料が発売されているけど、どのプロテインドリンクがいいのか?成分比較、値段、容量や味(美味しさ)などの情報をまとめました。
Facebook Twitter はてぶ LINE

「いつも買っているプロテインが切れそう」「マイプロテインやiHerbで輸入してるけどまだ届かない」「せっかく運動したのに、手持ちのプロテインがない」などなどプロテイン難民になってしまいそうな瞬間はありますよね。
プロテイン難民でなくても、小腹が空いたりして間食の代わりにプロテイン飲めたらいいのにと思うこともあるのではないでしょうか?

最近では、多くのコンビニでプロテイン飲料の取り扱いがされており目にする機会も増えてきました。コンビニの系列によったり、店舗によって置いてある飲料が異なりますが、たんぱく質の量・脂質の量・金額や味、口コミなどの情報をまとめてみました。

最多種類のコンビニプロテイン飲料はSAVAS(ザバス)

コンビニでのプロテイン供給でかなり力を入れているのが、あのザバスです。何よりもプロテイン飲料としての提供種類が多く、コンビニのみらずスーパーでの棚もかなり押さえています。
まずはそのザバス(SAVAS)プロテイン飲料の解説から。

人気、成分ともに安定のミルクプロテイン脂肪0(MILK PROTEIN)

 

masaさん(@super_saiyan_masax)がシェアした投稿

最近は首都圏だけでなく、ローソンやスリーエフなどコンビニに入ると目にする機会がかなり増えた「ザバス ミルクプロテイン脂肪o」。
コンビニのプロテイン飲料としては王道というイメージが定着してきています。味はそのままで飲みやすい感じのフルーティーな味の低脂肪牛乳という感じです。

  • エネルギー:100キロカロリー(100kcal)
  • たんぱく質:15.0g
  • 炭水化物:10.0g
  • 脂質:0g

1本430mlあたりこの栄養成分です。たんぱく質が15.og摂れて脂質が0gです、これなら運動後、間食などで重宝するのは間違いありませんね。1本あたりの値段も150円(税別)ですのでコスパも良い人気の商品です。
人気がありすぎるため、行きつけのコンビニで売り切れてしまっていて他のコンビニをハシゴして探すということがないようにストックしておきたいプロテイン飲料です。

ミルクプロテイン脂肪0(MILK PROTEIN)の口コミ

間食のストックにおすすめ?ミルクプロテイン(MILK PROTEIN)

スーパーの棚などでも結構見かけるようになってきたミルクプロテイン。まずは栄養成分を見てみます。

  • エネルギー:107キロカロリー(kcal)
  • たんぱく質:10.0g
  • 炭水化物:9.6g
  • 脂質:3.2g

値段は100円前後(税別)で、200mlの商品です。1つ目で挙げたミルクプロテインの方が栄養成分を見る限り良い感じなのは否めません。ですが、このミルクプロテインの強みは値段やサイズ、栄養成分のバランスというより、常温で保存できるということです。

常温保存ですよ、ネット通販でまとめて安く購入しておいて、気軽な感じで運動後やオヤツとしてたんぱく質を補給できちゃう商品なんです。味はもうそのままミルク(牛乳)って感じです。変に味付けされていないため、牛乳を普段飲む方からしたらそのまま置き換えられちゃう商品です。

ミルクプロテイン(MILK PROTEIN)の口コミ

飲みやすさや甘めが好きな人向き?ミルクプロテイン(MILK PROTEIN)ココア味

 

渡邊 周さん(@mw411r)がシェアした投稿

200mlのミルクプロテインシリーズのココア味です。ミルク味と比べると栄養成分が異なりますので、まずはそれをチェックしましょう。

  • エネルギー:84キロカロリー(kcal)
  • たんぱく質:10.7g
  • 炭水化物:10.3g
  • 脂質:0g

この商品もミルク味と同じ金額で購入でき、ココア味がついているのにミルク味と比較して脂質がなくカロリーも低い一品。もちろん常温保存が可能。

ミルクプロテイン(MILK PROTEIN)ココア味の口コミ

もっと気軽に、もっと引き締めたい人向け?ザバス スタイルプロテインドリンク

 

礒山康さん(@iso.yasushi)がシェアした投稿

ザバスのプロテイン飲料で見たことあるのは上に挙げた3つでしょ?という声が聞こえてきそうですが、2017年6月から関西限定で発売されいるスタイルプロテインシリーズです。

ミルクプロテインシリーズで十分では?と思われる方も多いと思いますが、さらに低カロリーで気軽に飲めそうなボトルを採用しています。味はバナナ味とカフェオレ味があります。

  • エネルギー:61キロカロリー(kcal)
  • たんぱく質:10.0g
  • 炭水化物(カフェオレ):3.1g
  • 炭水化物(バナナ):2.9g
  • 脂質:1g

どちらの味もカロリー数やたんぱく質、脂質の量は同じです。おやつ感覚でカフェオレ味、バナナ味を飲んでスタイルアップしていきたい人向け商品です。
まだ関西限定ということもあり飲めていない人も多いと思いますが、今後全国で販売された時にはぜひ飲んでみて欲しい商品です。

ザバス スタイルプロテインドリンクの口コミ

ゼリーだけじゃない!プロテイン飲料も増えそうなウィダー

 

Yugoさん(@yugo_saitama)がシェアした投稿

ウィダーといえば、ゼリー。朝食代わりや栄養補給にウィダーインゼリーを飲んだことある人は多いと思います。ウィダーインゼリーにプロテインメインのものもありますが、ゼリーは今回含めないため、プロテイン飲料のみ情報をまとめます。

かなり飲みやすいウィダーインドリンク プロテイン

 

Kaoru Omoriさん(@keioby)がシェアした投稿

ウィダーインゼリーやウィダーインバー(プロテインバー)が人気のウィダーですが、プロテインドリンクももちろん出しています。ザバスと比較するとあまり見かけませんが、ウィダーインドリンクも見かけたら是非とも飲んでみてほしいプロテイン飲料です。
栄養成分はこちらです。

  • エネルギー:88キロカロリー(kcal)
  • たんぱく質:10.0g
  • 炭水化物:12.1g
  • 脂質:0g

容量は330mlということで、小さくもなく大きくもなく、10gはたんぱく質を補給できちゃう優れもの。ヨーグルト味ということでウィダー系の味付けが好きな方であれば相性はかなり良いと思います。

たんぱく質が15.0g入っている大きさのものや、ペットボトル(ピーチ味)なども出てきていてウィダーのプロテイン飲料も今後コンビニなどで見かける機会が増えそうです。

コンビニの元祖プロテイン ウィダーインゼリー スーパープロテイン

 

MAASAさん(@maatheone)がシェアした投稿

最近ではザバス、ウィダー、ライザップ(キリン)などのプロテインを見かける機会がかなり増えてきましたが、プロテイン補給という意味でいえばやはりウィダーインゼリーはコンビニのド定番です。

プロテインが補給できるウィダーインゼリーは2種類あります。通常のプロテインとスーパープロテインの2種類です。それぞれの栄養成分を見ていきましょう。

ウィダーインゼリー プロテイン

  • エネルギー:90キロカロリー(kcal)
  • たんぱく質:5.0g
  • 炭水化物:17.5g
  • 脂質:0g

ウィダーインゼリー スーパープロテイン

  • エネルギー:98キロカロリー(kcal)
  • たんぱく質:10.0g
  • 炭水化物:14.6g
  • 脂質:0g

脂質がどちらも0gということで、脂質を摂りたくない人からしたら使用しやすいプロテイン飲料です。価格が少し高い印象かもしれませんが、プロテインが200円、スーパープロテインが300円です。
プロテインの方がヨーグルト味、スーパープロテインはバナナヨーグルト味でどちらも飲みやすくできています。
他の商品と比較すると何よりコンビニでの入手のしやすさは間違いなくNo1でしょう。

ウィダーインゼリー プロテインの口コミ

 

本当にコミットできる?ライザップのプロテイン飲料

 

K-Zapgramさん(@k.zapgram)がシェアした投稿

最近身体を絞ったり、鍛えたりと言えばライザップという名前が常に出てきますが、ライザップもキリンと一緒にプロテイン飲料を発売しています。ライザップと名前が付くだけで身体が引き締まりそうだと感じるブランド力の強さはピカイチです。

キリン ライザッププロテインボトルの中身はどう?

 

Naomi Koyamaさん(@naomi__16)がシェアした投稿

コンビニや薬局で見かける機会が増え、その人気から一気に売り切れたと言われている商品です。容量は通常のペットボトル500mlです。値段は1本150円(税別)と普通の清涼飲料水と変わらない安さ。

  • エネルギー:60キロカロリー(kcal)
  • たんぱく質:5.0g
  • 炭水化物:1.9g
  • 脂質:0g

他のプロテイン飲料と比較するとたんぱく質(プロテイン)の量が少なく、カロリーや脂質は押さえられている成分内容です。学校やオフィスでカロリーの高いジュースなどを飲むのであれば、このライザッププロテインボトルに切り替えることで理想の体型に近づけるかもしれませんね。

ライザッププロテインボトルの口コミ

まとめ

コンビニで買えるプロテイン飲料についての情報をまとめてみましたが、いかがだったでしょうか。
見かける種類としてはザバスが一番多く、今後他のメーカーも新商品を出してきてもっと手軽に手に入るものになってくるのではないかと思います。
値段的に高いというようなものはなく、気軽に美味しくたんぱく質を補給できるため、コンビニで見かけた時は是非一度試しに購入してみましょう。

Facebook Twitter はてぶ LINE