腹筋を割るためにはマシンより自重がオススメな理由

トレーニング
引用元:https://weheartit.com/
腹筋をバキバキのシックスパックに割るためにアブドミナル(アブドミナルクランチ)などのマシントレーニングは非常に人気です。腹筋を割るためならマシンより自重に筋トレ方法を変えた方がしっかり割るかも?初心者の方は特に必見、マシンより自重の方が腹筋が割る理由をまとめました。
Facebook Twitter はてぶ LINE

人間の身体は沢山の種類の筋肉があり、それに合わせて様々なトレーニングマシンが用意されています。
ジムのマシントレーニングコーナーでもでも比較的人気な部位は腹筋のマシンではないでしょうか?

特に男性の場合、ボクサーの様に6つに割れた腹筋に憧れる方が多く、その為に腹筋を鍛えるマシンに励む方は多いです。

そしてそういう方の多くは明日の6パックに向けてマシンで、高重量にして頑張っている方が多いと思うのですが、実は腹筋の場合はマシンで高重量でエクササイズを行っても、きつさほどにはあまり腹筋に適切な負荷がかかってないということをご存知だったでしょうか?

せっかく目標に向けてきつい思いをしたのに、全然効果が出ないのであればモチベーションも落ちてしまうと思います。
筋トレは継続できる方が少なく挫折する方が多いですが、その所以はモチベーションを保つのがなかなか難しいところにあります。

この記事ではマシンで高重量を扱うよりも、重い重量を扱わずに腹筋に高い負荷をかけるトレーニング法を紹介したいと思います。

マシンは全身の力を使う

これは腹筋を鍛えるマシンに限ったことではないですが、
基本的にマシンというのは機械によりある程度軌道が決まっていて初心者用に作られているものです。

そのため、いわゆる筋トレ中級者や玄人と言われる人種の方は、軌道が限定されたマシンでは細かい筋肉に負荷をかけたり、意識がしにくい為にフリーウエイトでのトレーニングをしたりします。
そしてマシンの場合はただでさえ目的の筋肉以外を使い全身の筋肉を使ってしまうのに、高重量でやってしまうと余計に腹筋以外の筋肉を使ってしまいます。

よくあるパターンとしては筋トレ初心者の方がマシンで、トレーニングを行うと勢いよく反動をつけてしまい、反動をつけてる分全然関係ない他の筋肉を使ってしまうことになります。

これでは目的の鍛えたい筋肉にはほとんど効かないですし、重くなればなるほどただきついだけになってしまいます。
この様になってしまう方が多いの事実を知れば、なぜ筋肉中級者以上の方がマシンよりもフリーウエイトを好むかも想像がつくと思います。

ボディービルやアスリートの方の様に、本当に極限まで筋肉を鍛えたい方にとっては、動きが制限されているマシントレーニングでは物足りないわけです。

10回以上できる腹筋は腹筋じゃない

@shimo.nがシェアした投稿

これはある全国的に有名な某パーソナルトレーナーが言った言葉ですが、彼いわく10回以上できる腹筋は腹筋ではないと提唱しているのです。
よく学生の部活などでは腹筋50回や100回みたいなメニューが組まれていますし、ダイエットしてる女性などでも腹筋30回くらいは普通にこなしている方は結構多いです。

では、なぜ有名なプロのトレーナーの方が10回以上できる腹筋は腹筋じゃないと提唱している中、普通の方がいとも簡単に10回以上の腹筋をこなせているかと言いますと、それはマシン同様に腹筋以外の力を使っているからになります。

この様に腹筋のエクササイズは全身の筋肉や反動を使って、トレーニングしてる方がいかに多いかがお分かり頂けたと思います。

なのでほとんどの方というのはどんなにマシンで高重量を扱おうが、腹筋を100回やろうが適切な負荷をかけれていないのでなかなか腹筋を筋肥大させることは難しいです。

逆にきちんとしたフォームや意識で適切な負荷をかけれる方は、10回以下の腹筋でしっかりと負荷をかけて、自重のエクササイズで充分の筋肥大させる事ができちゃいます。

自重でも10回できない腹筋

motta37さん(@makoto.kitada)がシェアした投稿

普段マシンで高重量の腹筋トレーニングをしてる方からすれば信じられないかもしれませんが、実は自重でも腹筋以外の筋肉を使わずにエクササイズを行うと、きついのでそんなに回数が出来なかったりします。
やり方としては普通の一般的な腹筋の体制から膝を曲げたまま足を上げ肩甲骨は浮かせます。

そして伸ばした両手と膝がくっつくくらいまで背中を丸めて腹筋を意識していく感じです。

こうして足を上げ肩甲骨も上げると腹筋以外に力が入らないので、必然的に腹筋の力しか使えなくなるので普通の腹筋よりも何倍もハードになります。
あとは鉄棒などにぶら下がって膝をゆっくり胸に近づけたり、はたまた鉄棒に膝を引っかけかなり急角度で腹筋を行ったりするのもかなりきついです。

このやり方ですとそうそう10回以上できるものではないので、自重でも相当な負荷を腹筋にかけることができます。

まとめ

大多数の方が行っているマシンでの高重量や回数だけの腹筋では、追い込むことは難しいです。
しかし、マシンから離れて自重で腹筋だけを使うエクササイズを行えばピンポイントで効かせることが可能です。

腹筋は体脂肪が低く皮下脂肪さえ少なければ割れて見えるので、このやり方で筋肥大をさせれていれば更にボコボコとした6パックになるのです。

いつも頑張って腹筋のトレーニングをしているのに、なぜかあんまり効果が現れずに苦戦している方はぜひ1度今回紹介したやり方を参考にしてみて下さい。

Facebook Twitter はてぶ LINE