【初心者向け】通う前に知っておきたいスポーツジムのマナー

スポーツジム
引用元:https://weheartit.com/
フィットネスクラブ・スポーツジムにこれから通おうと考えている方、通い始めた方はジムにあるマナーはしっかり知っておいて損はありません。自分自信が気持ちよく筋トレするためでもありますが、周りでトレーニングしている方への気遣いも大切です。スポーツジムに通われる方に知っておいてもらいたい基本的なマナーについてまとめました。
Facebook Twitter はてぶ LINE

昨今、様々なところでマナーに関するトラブルというのはありますよね。
これから通われるフィットネスクラブにももちろんマナーがあります。マナーを守ることができない人がいるのも事実です。

スポーツジムは不特定多数の人が利用する場所です。
1人でもマナーの守れない人がいると気持ちよくトレーニングすることができなくなったり、マナーを知らないで誰かからクレームを言われてもその後ジムに行きづらくなってしまったりもします。

マナーの守れない人にならないように基礎的なマナーをしっかり心得ておきましょう。

マナーはスポーツジムによって少し異なる

sugiyanさん(@sgiyan777)がシェアした投稿

スポーツジムやフィットネスクラブはたくさんあり、それぞれで違った決まりごとがあります。基本的には同じような決まりごとですが、細かなところは通いたいと思っているジムに行ってみて知ることをおすすめします。

細かい部分ですが、人によっては気になる違いというのは、特に携帯電話の持ち込みがOKかNGかなどです。

基本的なマナー

ここでは、スポーツジム・フィットネスクラブの基本的なマナーについて触れていきます。
全てのフィットネスクラブにおいてのマナーですので、頭にいれておきましょう。

更衣室や洗面台を過度に汚さない

これは、人間として当たり前のことだと思います。たまにフィットネスクラブを我が家と勘違いしている人がいて、洗面台で髪の毛を切ったり、染めたりしている人がいたりします。

当然、髪の毛を切ると髪の毛が散乱しますし、染めると染めるための液体が散乱します。我が家であれば、許される行為ですが、フィットネスクラブは、赤の他人も利用する場所です。

そういった場面を目撃したら気分もよくないですし、トラブルになることもあります。

マシンは使い終わったらタオルで拭く


フィットネスクラブでは、マシンを使用してトレーニングを行います。トレーニングをするということは当然、汗をかきます。トレーニングをすればするほど、マシンが汗で濡れてしまいます。

1セット終えたら、マシンをタオルで拭きましょう。このとき、自分のタオルで拭かないように気をつけます。自分のタオルにも汗が含まれているので、拭く意味がなくなります。

各マシンにタオルを備えているので、そのタオルを使用して拭きましょう。

マシンを使おうとしたら、汗まみれだったら気分が悪くなりますよね。マシンを拭く理由としては、次の使用者が気持ちよく使用できるようにするためです。

マシンで座り続けないように


マシンに座って休憩しているのか長い間、座り続けている人がいます。ひどいときには、携帯電話を弄って座っている人もいます。

携帯電話を弄り始めるとその世界に入り込んでしまい、周りがみえなくなったり、自分が今何をしているのかを意識しなくなります。

その結果、長時間座ってしまうことがあります。基本的にジムには、有酸素運動以外のマシンは基本的に1つずつしか置いていない場合が多いです。
使いたいと思っているマシンに携帯電話を弄っている人が座っていたら、モチベーションが下がってしまいます。

また、休憩のつもりで座っている人もいます。できれば、1セットずつマシンから離れるようにしましょう。
休憩の間も座っていると、意外と長時間にわたって占領しかねません。

当事者にならないように気をつけましょう。
できればですが、トレーニングに集中するという意味も込めて携帯電話は持ち込まない方がいいと思います。

フリーウェイトで重りをつけたまま放置しない

tako0091さん(@tako0091)がシェアした投稿

フィットネスクラブにはマシンエリアとフリーウェイトのエリアがあります。
フリーウェイトは自分で重りをつけてトレーニングを行う場所です。

そのフリーウェイトで重りをつけたまま放置する人がいます。
重りをつけたまま放置すると、まだ使っているのか、もう使い終わっているのかの判断ができません。

次に使いたい人がいても使っていいのか分からなくなるのです。まだ、使っているのに勝手に次の人が使ってしまったらトラブルになりかねません。

これは重りをつけたまま放置した人にも非がありますし、確認しないで使用した側にも非があります。いづれにせよ、トラブルになるのは嫌ですよね。こういったトラブルに巻き込まれないようにフリーウェイトを使い終わったら重りは外すようにしましょう。

他の会員さんとおしゃべりをしない

挨拶をするなといはいいません。一言二言の挨拶くらいなら行っても全く問題ありません。
しかし、知っている人がいるとどうしても話が長くなってしまうことがあります。

フィットネスクラブはマシンがたくさんあるので、そこまで広いところはあまりありません。
そんなところで、大人二人以上で長時間にわたって会話されると邪魔になってしまいます。

会話に夢中になると、そういった部分に気づきにくくなります。なので、フィットネスクラブで知人に会ったら挨拶くらいにしましょう。トレーニングに集中したいから会話はまた後ほどにしたいと伝えれば、トラブルになることもないでしょう。

まとめ

このように注意すべき点を見てみると、とても気をつかってトレーニングしないといけないのかと思ってしまいがちです。
しかし、最初のうちは守れないのが当たり前です。
数回通ってみれば、通っているジムでのマナーもよくわかってくると思います。
気持ちよくトレーニングに励むことはもちろん、周囲にも嫌な思いをさせないようにトレーニングできるといいですね。

Facebook Twitter はてぶ LINE