【芸能人の筋肉解説】小島よしおのような筋肉を作る筋トレメニュー&食事

エンターテインメント
引用元:http://weheartit.com/
裸芸としてテレビやイベントで人気の小島よしおさん。海パン姿で見せる筋肉はいつ見ても芸人のレベルではありません。腹筋や大胸筋、腕や肩など鍛え上げられた筋肉は素晴らしく、しかもしっかりカットも出ている。そんな小島よしおのような筋肉をつけるための筋トレメニュー・食事・有酸素運動についてをまとめました。
Facebook Twitter はてぶ LINE

元祖肌芸人脳小島よしおさん。パンツ一丁で「そんなの関係ねぇ!」のセリフで2007年頃から大ブレイクし、現在でもTVにひっぱりだこです。
TVではつねにふざけているイメージですが、あの身体を見ての通り本当はとてもストイックな方なんです。
仕事で多忙の中、筋トレや有酸素運動は欠かさずに行うとか。
実は早稲田大学出身のエリートでもあり芸や、筋トレだけでなく頭もすごくいいんですね。
今回はストイック芸人小島よしおさんの、肉体美について徹底解説していきたいと思います。

売れっ子芸人とは思えない!見事な腹筋

芸人さんとは思えないほどのバキバキの腹筋ですね。
特に売れっ子芸人さんは忙しいので中々筋トレをする時間がないと思います。
その忙しい中、このシックスパックが綺麗に見えているボディメイキングをしているのは素晴らしいですね。
脂肪を落としただけでなく、しっかり腹直筋が鍛えられています。
さらに、腹斜筋も鍛えられているのでお腹の横側にも立体感がでています。
しっかり絞れていますね。

ベンチプレスでTEPPENのチャンピオンに!

フジテレビの人気番組「芸能界特技王決定戦 TEPPEN」ご存知でしょうか?
2016年放送回では、筋肉自慢の有名人の方々が集結して、ベンチプレス60キロを何回あげられるか。というテッペン対決。
見事、小島よしおさんが優勝を果たしました。
普段からストイックに筋トレをしている結果がでたのでしょう。努力は裏切りませんね。
ベンチプレスをしているときの気迫もすごいものでした。

肩周り、腕の筋肉もすごい!

バキバキの腹筋!ベンチプレスで披露した大胸筋だけでなく、肩周りと腕の筋肉も太くしっかり鍛え上げられています。
見ての通り筋肉がしっかり見えています。ただ絞れているだけでなく大きさも際立っていますね。 本当に芸人さん?と疑う程です。

小島よしおの体を作るトレーニングメニュー筋トレ編

まずは先ほどご紹介した主に大胸筋を鍛えるベンチプレスからいきましょう。

ベンチプレス

  • バーを握ります。握り幅はバーを胸に下ろした時に、肘が90度になる程度です。
    肩幅の1.5〜2倍程度に収まるようにします。
  • 肩甲骨を寄せて肩を下げ、腰を反ってブリッジを作ります。
    両肩甲骨と尻はベンチにしっかりつけます。両足はしっかり地面を蹴るように踏ん張ります。
  • 息を吐きながら、バーを胸(乳頭あたり)まで降ろして胸を張ります。
    このとき1秒ほど静止します。
  • 息を吐きながらバーを持ち上げます。

10回×3セットを目標に達成できたら重量を上げていきましょう。

続いては、あのバキバキの腹筋を目指すメニューです。
腹直筋、いわゆる腹筋の正面の上部を鍛えます。

ダンベルクランチ

  • 膝を立てて床に寝転びます。
  • 適当な重さのダンベルやプレートを胸の前で持ちます。
  • 上半身を丸めるように起こしていきます。
    このとき、肩甲骨が浮く程度まで上げればOKです。

15回×3セットを行います。

次は、腹直筋下部を鍛えます。

レッグレイズ

  • フラットベンチの上に寝転び、両手でベンチの端を掴みます。
    尻がベンチの端に合うように寝ます。
  • 両足をできるだけ伸ばし、垂直程度になるまであげます。
  • そこから足が体と水平になるようにゆっくりとおろします。

これも15回×3セット行いましょう。

小島よしおの体を作るトレーニングメニュー 有酸素運動編

あの綺麗な腹筋を作るには、腹筋の上の脂肪を落とす有酸素運動が欠かせません。
ここが、筋トレより大変になってくると思います。
小島よしおさんも通勤でもできるだけロードバイクに乗るなど、有酸素運動をできるだけ行うようにしてるそうです。
先日の「オールスター感謝祭」のミニマラソンでは4位になるなど日々有酸素運動を欠かしてないことがわかります。
筋トレを週2日バッチリ行うとしてそれ以外の日で3日間有酸素運動を取り入れましょう。
ジョギング、ランニング、水泳、エアロバイク(自転車)などの運動を1時間程度行いましょう。
特に水泳は脂肪がより燃焼されるのでオススメです。
また、ブラックコーヒーを有酸素運動の30分ほど前に飲むと脂肪燃焼効果が高いと言われています。
いずれにせよ、有酸素運動は飽きやすいのでタイムを計ったり違う道を走ってみるなど飽きないように工夫するのが大事だと思います。

小島よしおの体を作るトレーニングメニュー 食事編


まず大事になるのがタンパク質です。
タンパク質を体重の1.5倍kgを目安に取りましょう。
これが筋肉のもとになります。
しかし、バキバキの腹筋を作るのに炭水化物や脂質まで取りすぎると脂肪になり、せっかく鍛えた腹筋が隠れてしまいます。
タンパク質の量を計算しながらできるだけ炭水化物、脂質を取りすぎないように気をつけましょう。
やはり、コンビニで手軽に手に入るサラダチキンがオススメです。
甘いものが食べたくなった時はカロリーの低い寒天ゼリーがオススメです。

まとめ

小島よしおさんのストイックな体づくりいかがでしたでしょうか?
忙しい中、通勤で有酸素運動を行うなど細かい努力をされてるのがお分かりいただけたと思います。
忙しくてなかなか時間を取れない方も小島よしおさんをお手本に頑張って素晴らしいボディメイキングを是非行ってみてください!!

Facebook Twitter はてぶ LINE