筋トレをすればモテる?筋トレする8つのメリット&効果

トレーニング
引用元:http://weheartit.com/
本格的に筋トレしようと思ったのはやっぱりムキムキになったり、細マッチョになってモテたいから?女性からモテるのはもちろんですが、筋トレをすると良いことが8つもあるんです。筋トレをすることによって得れる8つのメリットについてまとめました。
Facebook Twitter はてぶ LINE

筋トレは、筋肉を増やしたり筋力をアップできるだけではありません。
外見はもちろん、内面も変われるのが筋トレの持つパワーです。
ここでは、筋トレで得られる8個のメリットと効果を解説します。

1.男らしい体になる

筋トレは筋肉量アップに直結します。
男性の場合は筋肉が付きやすいですから、まずは「男らしい体」が手に入りますね。
適度な筋肉が付いた肉体は、同時に基礎代謝が上がることから太りにくい体質になりますし、姿勢や立ち居振る舞いも変わります。

女性はより強い男性との子孫を残すという遺伝子を持っています。
そのため、筋トレでしっかり筋肉がつき、脂肪も少なく姿勢の良い男性は、「強い男性=魅力的な男性」に映ります。
男らしい体は、本能的に女性を惹き付けるということなのです。

2.顔つきが変わる

人を観察する時は、最初に「顔」を見ますよね。
顔つきがその人の印象を決めます。

この顔が脂肪たっぷりで垂れ下がっていると、女性にとって魅力的な男性には映りません。
筋肉量アップによる基礎代謝の増加は、体全体に脂肪を付けにくくするため、当然顔の脂肪もつきにくくなります。

また、筋トレ時には顔の筋肉がよく動かされます。
歯を食いしばったり、呼吸の際に口を大きく動かしたりします。
それも顔の引き締めにつながります。
シャープで精悍な顔つきは、男性の魅力を増加させるのです。

3.自信が持てる

自信を持っている男性は、同性から見てもカッコイイですよね。
理想の肉体を手に入れるためには、トレーニングはもちろん栄養管理や休養などいろいろな要素が必要です。
それらを一つ一つクリアすることで、体付きもそうですが、内面も成長します。

他の男性よりも努力をして筋肉があり、心身ともに強いという自信が持てるのです。
そうすると、異性に対しても自信を持っている態度で接することができます。

実際には、プロアスリートやボディビルダーのほうが肉体的には上です。
しかしそんなことは関係ないんですね。
自分との戦いに勝利した結果が、ボディメイクの成功なのですから、自信につながるわけです。

逆に、筋肉がなくヒョロヒョロ体形だったり、逆に脂肪が付きすぎてダルダル体形で自信がないと、「こんな自分なんか…」という思いが強くなり、異性に積極的になれません。
その反面、自信があると、堂々と女性に対してアプローチできるのです。
つまり、自信が行動力に反映し、成功を手に入れやすくなるというわけです。

4.行動力アップ

筋トレが日課になると、男性ホルモン「テストステロン」の分泌が活発になります。
テストステロンは、男性機能に大切なホルモンというだけでなく、元気の源でもあるのです。

また、肉体が変わっていくと体が軽くなったり、もっと動きたいという思いにかられます。
すると、よりアクティブに行動できるようになります。

筋トレをしなくても、やる気だけなら出せます。
しかし、行動を起こした後のスピードだったり疲れにくさに関しては、明確な違いがあります。

例えば、以前は疲れるだけで億劫だった登山がスイスイできたり、面倒で友達の誘いを断っていたスノーボードを積極的にこなせるようになったりします。
行動範囲が広がると、交友関係も増えて人生がより楽しくなります。

5.テストステロンの増加

筋トレで男性ホルモンの「テストステロン」が増えると多くのメリットが得られます。
筋肉量のさらなる増加やフェロモン量のアップ、積極性の向上、性欲増強、老化防止、生活習慣病防止など実に様々です。

筋トレをすることでテストステロンが増加すると、ドーパミンの分泌が促進されます。
ドーパミンはやる気を出して積極性を向上させる物質です。
そのため、筋トレをするとやる気が出て、さらに筋トレをしてもっとやる気が出て・・・といったように、良い流れを作ることができます。
一度流れに乗ると、毎日筋トレをしないと気が済まなくなる人も多いです。

女性は本能で強い男性との子孫を残そうとします。
強い男性は、フェロモンを持った男性と言い換えることもできます。
そのフェロモンを出すためには、実はテストステロンの増加が重要なのです。

ラットの実験では、オスのラットにテストステロンを注射したところ、メスのラットが寄ってきたという結果が出ているくらい、生物学的にもテストステロンの効果は実証されています。
人間も同じ「生物」ですから、同じことが言えるんですね。

テストステロンは、加齢とともに減少します。
特に40歳を超えると減少幅は増加すると言われています。
ちょうどこの頃から性欲も減退する傾向にあるのは、テストステロンの減少のせいでもあります。

性欲がなくなると、セックス中に中折れなどのEDになることもあります。
筋トレは、このようなことも防止することに役立つというわけですね。

テストステロンは、一酸化窒素の分泌も促進させます。
一酸化窒素には、内臓や血管などに有害物質が溜まるのを防止する働きがあります。
そのため、内臓機能を安定化させ、健康な血管を保つのに役立ちます。
その結果、動脈硬化の進行を遅くしたり、メタボ対策になったりします。

6.アンチエイジング効果

筋トレはアンチエイジングにも効果を発揮します。
筋トレをすることで、テストステロンの他にも成長ホルモンの分泌も促進されます。
成長ホルモンは、筋肉の発達に加え、脂肪の燃焼や肌の代謝促進、肌の潤いアップなどのアンチエイジングに有効です。

筋肉量の増加で基礎代謝が上がり、太りにくい体質に近づけることができますが、さらに成長ホルモンの力でダイエットすることも期待できます。
また、糖分をエネルギーに変えるサポートもするため、エネルギー効率がアップして免疫力の向上も期待できます。

肌は一定の間隔で組織が作られそして剥がれ落ちていきますが、年齢とともにそのサイクルが乱れてきます。
その影響で、シワやシミが発生しやすくなったり潤いがなくなったりします。
成長ホルモンで肌が生まれ変わるサイクルが整えられるため、肌の若返りにも有効なのです。

7.ストレス解消

筋トレは精神の安定にも貢献してくれます。
体を動かすことでストレスが発散するのはもちろん、セロトニンの効果も見逃せません。

筋トレでは、筋肉を使うことで交感神経が活性化します。
その後のインターバルで休憩を取る際に発生するのがセロトニンで、幸福ホルモンとも呼ばれています。
そのため、仕事や人間関係などでストレスが溜まっている人や、うつ病の予防にも筋トレは有効です。

8.脳の活性化

筋トレでは、脳から発せられた命令が筋肉を動かすという流れが繰り返されます。
そのため、自然に脳が活性化できるのです。
社会で地位の高い人がジムで筋トレしているパターンが多いのは、このためなのかもしれませんね。

まとめ

一言で筋トレと言っても、期待できる効果は実に様々です。
男らしい肉体を手に入れられるのはもちろん、よりアクティブになったり、アンチエイジングや生活習慣病予防になったりですね。

そして自信がつくことで、モテる男性への近道にもなるのです。
心身ともに成長できるのが筋トレなのです。

Facebook Twitter はてぶ LINE