短期間でダイエットしたい人にオススメの運動がプールの理由

トレーニング
引用元:http://weheartit.com/
ダイエットをするとなると多くの方が実践するのが糖質制限や糖質OFF、炭水化物抜きなどのダイエット法だと思います。食事面からのみのダイエットだと痩せた分すぐにリバウンドしてしまいます。どうしても短期間でダイエットしたい!という方にプールでの運動がピッタリな理由をまとめました。
Facebook Twitter はてぶ LINE

ダイエットとは通常長い月日をかけて少しずるウエイトダウンしていくものですが、実際はダイエットを試みる方の多くは少しでも短期間で痩せたい方が多いのではないでしょうか?

短期間でダイエットと言えば最近ではライザップの様にきついメニューのものや、スムージなど飲むだけで1週間で●kg痩せる的なものもありますが、あまり現実的ではありません。
やはりダイエットの王道と言えばなんと言っても運動でカロリーを消費し、少しずつ脂肪を燃焼させるという方法です。この方法の方が、体にも負担をかけにくく、リバウンドもしにくいため結果的に成功しやすいのです。

ただこの方法でダイエットをしようとすると、心配なのが運動不足の方です。ダイエットに向いている運動は有酸素運動ということですので、最低でも20分程度は続けられる運動が好ましいです。
運動不足の状態で長い運動はハードだと思いますが、その中でも続けやすく、多くの消費カロリーを消費できる効果的な運動を解説していきたいと思います。

プールでのエクササイズが消費カロリー最強

ダイエットをしていくにあたって、どの運動が1番カロリーが消費しそうかイメージした時に、多くの方は走ること(ジョギング)だと答える方が多いのですが、実はジョギングよりもさらに消費カロリーを稼げる運動が存在します。

それは何かと言うと水中でのエクササイズで、プールを歩いたり泳ぐのが最も消費カロリーを稼げます。
水の抵抗による影響で水中では動きが遅くなる様に水圧がかかるため、それだけ消費カロリーも必要になってきます。

そもそも人間の体は1日の摂取カロリーと消費カロリーの割合で、脂肪がつくのか落ちるのか決まるので、ダイエットをしたいのであればカロリー管理が必須です。
ダイエットが必要なくらい太ってしまう方というのは、カロリーの高い食べ物が好きだったり、食べる量が多かったりするため1日の摂取カロリーが平均よりも多い方が大半です。

カロリーは食べ物などから多めに摂取しているのに、ほとんど運動をしないとなると、摂取カロリーは多いのにその分のカロリーを消費していないということですので、その差分カロリーが脂肪に変わっていき太ってしまうわけです。

逆にダイエットで痩せれる人というのは、食事制限などで1日の摂取カロリーを減らし、さらに運動でカロリーを消費し、その分脂肪が落ちてダイエットに成功するのです。
もちろん人によって体質的に脂肪がつきやすい方とそうでない方がいるので、100%がカロリーで決まるわけではないですが、ダイエットの成功と失敗はカロリー管理であると改めて認識しておくと良いでしょう。

水泳選手の1日の食事量

ここで水泳選手の食事の量を例として挙げていきたいと思います。
知っている方もいると思いますが、水泳選手の1日の食事量は普通の方と比べると、
本当にびっくりするほど食べるのです。

どれくらい食べるのかというと、一般的な成人男性の1日の平均カロリーが約2500カロリーなのに対して、
水泳選手は約4000カロリーから5000カロリーと、普通の方の2倍くらいのカロリーを摂取します。

ただ食事の回数は普通の方みたく3食でそのカロリーではなく、4食や5食に分けて細かくカロリーを摂取するという感じでです。
わざわざ食事の回数を分けてまで一般人の約2倍のカロリーをとると、水泳という競技がいかにカロリーを消費する競技なのかがお分かり頂けると思います。

参考までに一流の水泳選手が1時間クロールで泳ぐと、なんと1000カロリー以上程度も消費します。
1時間ジョギングした場合の消費カロリーが500カロリー程度なので、水泳の消費カロリーはその2倍なのでとんでもないですよね・・・。

普通は1日に4000カロリーも5000カロリーも摂取したら、あっという間に太ったり病気になってしまいますが、きちんと摂取した分を消費していれば太らずに済むわけです。

その証拠にオリンピックの金メダリストの選手なんかは、1日に1万カロリーも摂取してるみたいですが、全然太っていません。

様々な水中エクササイズ

水泳競技の消費カロリーの凄まじさはご理解頂けたと思いますが、全ての方が泳いだりできるわけではないと思います。
泳ぐ事に限らずに水中ならば水圧で負荷がかかりますので、泳ぐのが苦手な方はプールの水中でエクササイズを行えば良いわけです。

水中エクササイズの種類としてはまず水中ウォーキングがあり、ただ歩くだけですが地上を歩くよりも消費カロリーが稼げますし、負荷も怪我をするリスクも少ないので万人にオススメできます。

他にはスポーツジムではプールでアクアビクスという形で、音楽に合わせて水中でリズム運動の様なことをやるプログラムもあります。
これは水中ウォーキングに比べると負荷がきつくなりますので、そこまでは無理という方は水中でモモを上げたり、軽いエクササイズを行ってみると良いです。

水中エクササイズの魅力はなんと言っても、同じエクササイズを行った場合に、地上で行うよりも効率的にカロリーを消費できる点です。
特にスポーツジムに通う時間があまり取れない方にとっては、重宝される非常に効率の良いエクササイズになりますし、ダイエット成功の確率を上げられるでしょう。

まとめ

Saorinさん(@saoringm86)がシェアした投稿

世の中にある短期間で痩せるというダイエットメニューは、極端な運動や食事制限によるものが多いです。
これではたしかに数字だけ体重は減るかもしれませんが、身体に負担をかけてしまいますし長続きはしません。

そして短期間で痩せたものは短期間で戻る(リバウンドする)ので、きつい思いをしたのに元より太ってしまったら本末転倒になってしまいます。

本来ダイエットとは本当にコツコツと少しずつ行っていくものです。運動で消費カロリーを増やし、食べ物を少しでも見直して摂取カロリーを減らすという地道なものです。
その地道なことを継続できる方というのは限られた人ではありますが、その継続確率を少しでも上げる為に今回紹介したプールでのエクササイズを取り入れ、皆さまのダイエットのお役に立てれば幸いでございます。

Facebook Twitter はてぶ LINE