筋トレ初心者が最短最速で腹筋を割る方法はトレーニングではない?

食事・サプリ
引用元:http://weheartit.com/
若い頃は自然に腹筋が割れていた方、今まで腹筋が割れたことがないという方、筋トレ自体ほとんどしたことないという方、筋トレ初心者でも最短最速で腹筋をシックスパックに割るために重要なのは実はトレーニングではない?腹筋を割るためにまず知っておきたいことをまとめました。
Facebook Twitter はてぶ LINE

多くの男性の場合筋トレを始めたばかりの方は、
スポーツ競技をやっている方でもないかぎりは、
ムキムキというよりは細マッチョに憧れる方が多いのではないでしょうか?

そしてその中でも1番需要が多いのが、
シックスパックに腹筋を割りたい方が多いと思います。

しかし、腹筋というものは少しトレーニングしたくらいでは、
そうそう割れるものではないので、
なかなか苦戦してる方も多いと思います。

そこで今回の記事では腹筋を割る為には、
実は筋トレを行うよりもあることをした方が早いので、
腹筋を早く割りたい方の為に生かせる方法を解説していきます。

筋トレを頑張っても腹筋が割れない理由

特に筋トレ初心者の多くの方は腹筋を割る際に、
腹筋のエクササイズをやれば割れると考えてる方が多いですが、
実は腹筋は筋トレをしただけでは割れない様になっています。

例えばお相撲さんやプロレスラーの方のお腹を見てみると、
トレーニングでかなり重い重量できつい腹筋をしているはずですが、
割れているというよりはぽっちゃりしたお腹の方が多いです。

これは筋肉の上に皮下脂肪が乗っているからで、
皮下脂肪が多ければどんなに腹筋を鍛えても、
皆さんが憧れる様な6パックの腹筋にはならないのです。

特に夏などは海やプールへ向けて、
腹筋を割りたくて腹筋のエクササイズを頑張る方が多いですが、
結局は皮下脂肪を落とす事に力を入れなければ、
どんなに一生懸命トレーニングしても腹筋は割れません。

また、女性でダイエットしたい方もお腹をへこませる為に、
とりあえず腹筋運動をすれば良いとお考えの方が多いですが、
女性は男性より皮下脂肪が多いので腹筋だけでは男性より割れにくかったりします。

そして多くの筋トレ初心者の方の場合は、
きつい腹筋運動をしたのに効果が全然現れないと、
モチベーションが下がって挫折してやめてしまうパターンが多いです。

そうならない為にも腹筋が割れるメカニズムというのを理解し、
なぜやみくもに腹筋運動を頑張っても割れない理由だったり、
逆にどうすれば腹筋が割れるのかという事を理解する必要があります。

腹筋のカットは体脂肪に比例する

Bodykeさん(@bodyke.world)がシェアした投稿

では腹筋が割れる原理を説明していきたいと思いますが、
これは人体模型図を想像して頂ければわかりやすいです。

人間は誰もが人体模型図の様に筋肉がついており、
そこに皮下脂肪が乗っている感じになります。

皮下脂肪がなければ誰もが人体模型図の様な筋肉で、
腹筋はしっかりと割れているので、
あとは上についている皮下脂肪の量の問題です。

腹筋がバキバキに割れているボディービルダーやボクサーは、
体脂肪率が一桁で皮下脂肪が非常に少ないので腹筋が割れて見えます。

ですので様は体脂肪が低くて皮下脂肪の量が少なければ、
腹筋は割れて見えますし筋肥大させるとよりバキバキに見えるという感じです。

よくジャニーズジュニアの方などはあまり腹筋の筋肥大はしてませんが、
いわゆる細マッチョ体型で腹筋が割れている方が多いですが、
あれはまさ体脂肪率の低さが腹筋の割れ目を作っているのです。

一般的には体脂肪率にして10%の前半くらいになると、
腹筋の割れ目が見えてきますのでそこを目標にします。

なのでボディービルダーの様にボコボコに割れた腹筋ではなく、
普通の方よりも割れてるくらいのレベルであれば、
実は腹筋のエクササイズを行うよりも、
体脂肪を減らして皮下脂肪の量を減らした方が腹筋は早く割れます。

●●制限が腹筋を割る近道

これはボディービルの世界で有名な話ですが、
実はあの様な綺麗な身体を作るにはトレーニングもそうですが、
食事の方が大事でダイエットは7割くらいが食事で決まると言われています。

そして食事の中で重要なのがカロリーで、
減量中のボクサーやボディービルダーの方などは、
カロリー制限をして体脂肪を減らしています。

この原理は糖尿病などで入院している方などは、
肥満の方がとても多いのですがあまり運動をしなくても、
カロリー制限をすることでダイエットに成功してたりします。

そもそも腹筋に割れ目が見えない方は皮下脂肪量が多く、
その原因はほとんどの場合は食事のカロリー量が多いので、
まずはトレーニング関係なくカロリーを見直し、
最低限皮下脂肪を落とさないことには何も始まりません。

なので腹筋を短期間で割りたい方はエクササイズよりも、
カロリー制限をした食事に変えて、
皮下脂肪の量を減らすことに力を入れた方が良かったりします。

筋トレを行い筋肥大するのは効果が出るまで6か月以上など月日がかかりますが、
カロリー制限の場合は1か月や2か月など比較的早く効果が出るので、
それだけモチベーションも上がるので継続しやすかったりします。

まとめ

以上が腹筋が割れるメカニズムの説明や、
腹筋運動だけ頑張っても腹筋が割れない理由ですが、
なんとなくご理解頂けたと思います。

そして腹筋を割るのはもちろん、
ダイエットにはいかに食事が重要で、
カロリー制限の重要性も同時にご理解頂けたと思います。

腹筋の上についている皮下脂肪は比較的最後の方に落ちる為、
腹筋に割れ目が見えた時には他の部位もそれなりにカットがでますし、
基本的に細マッチョや痩せ型の方じゃないと腹筋は割れないので、

腹筋が割れる=健康的でかっこいい肉体の証明にもなりますので、
腹筋が割れるのを1つの目安にトレーニングを精進なさると良いです。

その為にはイメージ的には腹筋のエクササイズをガンガンやりたいところですが、
それよりもカロリー制限を重視して励んでみて下さい!

Facebook Twitter はてぶ LINE