ジムでダイエットしたいなら絶対にやるべきマシンの種類はコレ!

トレーニング
引用元:http://weheartit.com/
スポーツジム、フィットネスクラブのマシントレーニングエリアには様々なマシンが置かれており「どのマシンをやればいいのか分からない」「どのマシンがどのような効果があるのか分からない」という初心者の方も多くいると思います。そんな初心者向けにスポーツクラブでダイエット目的の方がやるべきマシンの種類をまとめました。
Facebook Twitter はてぶ LINE

今まで特別に筋トレの経験などがない方がスポーツジムに行くと、
沢山のマシンの種類にびっくりしたりするのではないでしょうか?

それもそのはずで今まで運動経験がなければ、
そうそう沢山のマシンや長い時間トレーニングできるものではないですし、
運動経験が浅い方ほど先が思いやられたりしますよね・・・。

実際に筋トレ初心者の方がいきなり沢山のマシンや長い時間トレーニングをして、
きつくて挫折してすぐにスポーツクラブから足が遠のいてしまう方は少なくありません。

ですので今回の記事は筋トレ初心者の方がその様なことになってしまわない様に、
仮に1つのマシンや短時間しかトレーニングができなかったりしても、
より短時間で効率の良い効果がのぞめるマシンの種類を紹介していきたいと思います。

1つのマシンしかできないならレッグプレスで決まり

和世さん(@kazuyo13)がシェアした投稿


人間の筋肉は種類が沢山ありますので、
それに応じて鍛えるマシンも実に沢山の種類がございます。

その複数あるマシンの中でも、
もし1番最優先して取り組むべきマシンがあるとすれば、
それはレッグプレスになります。

レッグプレスは座った状態や横になった状態で両足で強く押すというマシンですが、
これはモモの全面の大腿四頭筋という筋肉を鍛えるマシンになります。

では、なぜレッグプレスが良いのかという理由ですが、
大腿四頭筋は人間の体の中でも1番大きい筋肉で、
大きい筋肉を鍛える事で基礎代謝が上がり、
脂肪が落ちやすくつきにくい体質になるので、
特にダイエットをしたい方などにはオススメです。

女性の場合などは足痩せしたい方が多いので、
目に見えるふくらはぎなどを鍛えるマシンを好みがちですが、
ふくらはぎは小さい筋肉なので基礎代謝の向上はそこまで期待できません。

もちろん大腿四頭筋もふくらぎも両方トレーニングできるならこしたことはないですが、
上半身を鍛えることも考えると他にもやらなけばならないマシンは多数ありますので、
筋トレ初心者の女性の場合は難しいと思うので。
痩せやすい体質にする為にも基礎代謝が上がる大腿四頭筋のレッグプレスを優先させましょう!

大筋群を鍛えるマシンを優先して


では次は大腿四頭筋を鍛えるレッグプレスの方に、
人間の筋肉の中で大筋群と言われる大きい筋肉を鍛えられる、
優先すべきマシンを紹介していきたいと思います。

一般的なスポーツジムにあるマシンでは、

・【胸】チェストプレス
・【背中】ラットプルダウン
・【腹筋】アブドミナルクランチ
・【背筋】バックエクステンション

などのマシンを選択すれば、
それぞれ大筋群の大きい筋肉を鍛える事ができます。

筋肉をつけてムキムキになりたい男性などは、
ついつい見える腕まわりや力こぶなどのエクササイズを好みがちですが、
筋肥大をしたい場合はそれなりにきつい思いをして追い込まなければいけないので、
筋トレの初心者の方がいきなり複数のエクササイズを行いそれぞれ追い込むのは難しいはずです。

また腹筋を6つの割ったりいわゆる細マッチョを目指す方は、
筋肥大もそうですが皮下脂肪を落とさないことには、
逆にどれだけ筋肥大してもボクサー体型にはなりませんので、
基礎代謝を上げて脂肪を落としやすくする為にも、
まずは体の大きい筋肉を中心に鍛えていくと効率がとても良いです。

最初はまだできる余力を持ち継続を意識する

ayaさん(@chibichibiaya)がシェアした投稿

筋トレというものは実際にムキムキな身体の方を見ると、
とても華やかで多くの方が憧れると思います。

ですがその見た目の華やかさとは裏腹に、
筋トレというのはトレーニングしてから結果が出るまで、
6か月以上の月日を要する地味なものだったりします。

これはまさに植物を育てる感覚と同じで、
毎日肥料や水をやり長い月日をかけなきゃ芽が出ませんし、
途中でやめたら今まで積み重ねた努力が水の泡になったりします。

ですので筋トレにおいて最重要なのはとにかくやめないことで、
最低でも6か月以上の期間地道に継続する事が大切になります。

継続を1番と考えると初心者の方がいきなり複数のマシンでトレーニングすると、
あまりに負担になってしまい途中で挫折してしまうリスクが上がりますので、

負荷や筋肉痛に慣れるまでは、
いきなり全力で色んなマシンを行うのでなく、
まだできそうと余力を残すくらいにして、
1つ2つと少しずつ数を増やしとにかく継続することが大事です。

継続して6か月もすれば色んな部位の筋力がアップしたり、
精神力など自己規律も一緒に強くなってきますので、
それから小さい部位を鍛えるマシンに取り組んだ方が良いです。

まとめ


スポーツジムというのは豊富な種類のマシンがあり、
様々な目的に応じたトレーニングが可能なので、
非常に便利ですがやり方におってはそれが仇になる場合もございます。

特に筋トレ初心者の方の場合はあまり知識がなかったり、
最初は誰でもモチベーションが高いので、
ついつい頑張ってしまいがちですが、

筋トレというものは非常に長いスパンを見て考えないといけないですし、
継続が命ですのでとにかく続ける事に尽きます。

なので最初は少ない数のマシンから徐々にやっていくのが良いですが、
同じやるのでも意味やその理由を理解し、
より効率の良いマシンから優先してやっていくと効率が上がります。

この記事がこれからスポーツジムに通おうと検討している方や、
まだ通い始めたばっかりの方や思わず挫折してやめてしまいそうな方にとって、
少しでもお役に立てれば幸いです。

Facebook Twitter はてぶ LINE