筋トレに一番適した時間帯はいつ?時間帯ごとのオススメや注意点

トレーニング
引用元:http://weheartit.com/
ジムや自宅でトレーニングできる時間帯というのは仕事や学校によって人それぞれ異なります。筋トレをするならできるだけ効果がでる時間帯でやりたいですよね?筋トレに一番あっているおすすめの時間帯について、できれば避けたい注意したい時間帯についてなどの情報をまとめました。
Facebook Twitter はてぶ LINE

筋トレをするなら、なるべく効率良く効果を出したいですよね。
実は少し工夫するだけで筋トレの効果を上げる方法があります。それは筋トレをする時間帯を意識することです。同じ筋トレをしても時間帯によって効果が変わってきます。そこで今回は筋トレに一番適した時間帯や筋トレに適さない時間帯などご紹介していきます。

食後すぐの筋トレはNG


食後すぐの筋トレは消化不良を起こす原因になります。食後は消化をするために血液が胃に集中的に送られます。このタイミングで筋トレをしてしまうと胃に送られるはずの血液がトレーニングをしている筋肉に送られてしまいます。

その結果、胃に必要な血液が送られず胃に負担がかかってしまいます。食後に運動するとお腹が痛くなるのは、この消化不良が起きているからです。
栄養は筋肉をつける上でとっても重要です。
消化不良で栄養がスムーズに摂取されないのは逆効果です。食後すぐの筋トレは辞めましょう。
また、スクワットなどかなりきつめのメニューをやる直前などにご飯を食べていたりすると、気持ち悪くなってしまったりして筋トレどころではなくなってしまいます。
食事をするのであれば最低でも2時間はトレーニング前に時間を空けましょう。

空腹時の筋トレはNG

@m.cha.nがシェアした投稿


食後すぐの筋トレはNGですが、空腹時の筋トレは更にNGです。なぜなら空腹時に筋トレをしてしまうと、筋肉が分解されてエネルギー源とされてしまうからです。筋トレをしているのに筋肉が分解されてしまうなんて悲しいですよね。
空腹時にトレーニングをすると脂肪を燃やしてくれそうなイメージを持たれる方も結構いますが、脂肪よりも筋肉の方が分解されやすいため注意が必要です。

これは筋トレだけでなく、スポーツや肉体労働でも同じことです。筋肉を落としたくないなら、なるべく空腹時に継続して運動することは控えましょう。
学校や仕事の後に筋トレをする場合など、ご飯を2時間前に食べれていない時はプロテインやバナナ、羊羹、ブドウ糖など空腹を感じない程度の間食をとることをオススメします。

寝る直前の筋トレはNG

roiさん(@c.c.roi)がシェアした投稿

寝る直前に筋トレをすると交感神経が優位に働いて、眠りにくくなってしまいます。筋肉は睡眠時の成長ホルモンによって大きくなるので、良質な睡眠はとても重要です。

時間的に寝る直前しか筋トレできないという人は、就寝1時間前には筋トレを終わらせるようにして、その後はお風呂に入るなどリラックスできることをして副交感神経を優位にして心と体を切り替えてあげましょう。

寝起きすぐの筋トレはNG

satsuki_さん(@s__oo66)がシェアした投稿

筋肉を大きくするためには、トレーニングで追い込んでオールアウトしていくことが必要です。だからパフォーマンスがなるべく良い状態で筋トレをすることが重要です。
朝は体温が低く、体も硬いのでパフォーマンスが悪い状態です。この状態で激しい筋トレをすると怪我をしやすく、体が温まっていないので心拍数や血圧が上がりやすく、心臓への負担も大きくなります。

朝にトレーニングの時間を取りたい方の場合は、体を温めるような準備運動をしっかり行うための時間を確保すること、そして寝起きの場合は体内のアミノ酸や糖質が枯渇していると思いますので30~1時間前にはプロテインやプレワークアウトサプリなどをお腹にいれておきましょう。
しっかり体の準備ができている時間帯のトレーニングよりは非効率ですが、準備運動&栄養補給を行うことで効率化はできるとは思います。

筋トレに適した時間帯は食後2~3時間後


空腹時の筋トレ、食後すぐの筋トレはNGだとお伝えしました。食事の観点から考えると、筋トレをするのにオススメの時間帯は食後2~3時間後になります。

例えば朝7時に朝ごはんを食べる人は朝9時頃に筋トレをする。昼12時に昼ご飯を食べる人は昼14時頃に筋トレをする。20時に夜ご飯を食べる人は22時頃筋トレをするのがベターです。

しかし食後2~3時間後に筋トレをする時間をとれない人も多いと思います。そういう人は筋トレの2~3時間前にプロテインやバナナ、おにぎり、羊羹など軽く間食をして栄養を補充しておくのが良いでしょう。

1番オススメの時間帯は夕方


生体リズムから考えて体の機能は午後から夕方(16時~18時)にピークを迎えます。夕方には体温が高くなり、交感神経が活発で代謝も高くなり、筋トレでベストなパフォーマンスを出しやすい時間帯です。

夕方(16時~18時)が筋トレには1番オススメの時間帯ですが、社会人には難しい時間帯だと思います。休日にトレーニングする場合は、夕方にやるようにしてみてはいかがでしょうか?

朝の筋トレはダイエットに適している


寝起きすぐは体温が低く、体も硬いため筋トレNGだとお伝えしました。しかし朝ご飯を食べて、2~3時間が過ぎれば筋トレをしても大丈夫です。
むしろ朝筋トレをすることでその日1日を代謝が高い状態で過ごせることも分かっているので、ダイエット目的なら朝の筋トレがオススメです。

ただし、朝筋トレをする場合は体を温めるためのウォームアップやストレッチを入念に行ってから筋トレをするようにしましょう。

あなたの生活に合わせて筋トレをしよう


筋トレをするのに一番オススメな時間帯は夕方で、ダイエットにオススメなのは朝だとお伝えしました。しかし生活が朝型の人がいれば夜型の人もいますし、朝と夜が不定期の生活をしている人もいます。なのでオススメの時間帯は人によって変わります。

基本的には筋トレNGの時間以外はいつでも筋トレしてOKな時間帯です。絶対にこの時間帯に筋トレをしなければならないとう訳ではありません。
筋トレNGの時間帯はできるだけ避けたり工夫をして、あなたの生活に合わせて筋トレをするようにしましょう。

まとめ

今回は筋トレに適した時間帯をご紹介しました。今まで筋トレNGな時間帯にやっていた人はその時間帯を避けるだけでも、筋トレの効果は上がります。
なるべく筋トレに適した時間に筋トレをして、効率よくワークアウトライフを楽しんで下さい。

Facebook Twitter はてぶ LINE