【芸能人の筋肉徹底解説】武士の肉体!西島秀俊を作るトレーニング法!

引用元:http://weheartit.com/
筋肉がすごい芸能人といえば常に名前が出てくる西島秀俊さん。八重の桜、ダブルフェイス、MOZU、CRISISなどの映画やドラマで裸になれば毎回話題になるほど筋肉がかなりすごいです。そんな西島秀俊さんの男らしい肉体になるための筋トレ方法や食事内容などの情報をまとめました。
Facebook Twitter はてぶ LINE

ドラマや映画、CMに引っ張りだこ、演技派俳優西島秀俊さん。
とにかく役作りと演技に定評がありますよね。
その中でも、2010年大河ドラマ「八重の桜」で藩士役として見せた肉体は未だに話題になっています。
他にも「ダブルフェイス」や「MOZU」でもその肉体美が観れましたね。
今回は西島秀俊さんの、肉体特に、大胸筋と三角筋にクローズアップしてご紹介したいと思います。

腕が大きく見える三角筋

西島秀俊さんの肉体で一番最初に目がいくのは、大きく発達した三角筋ではないでしょうか?
三角筋が全体的に大きく発達しているので、上腕とのメリハリがつき腕も大きく見えますね。

「八重の桜」のワンシーンからです。
三角筋が全体的に大きく発達しているので、上腕とのメリハリがつき腕も大きく見えますね。
全体的に体が絞れてるので、筋肉のカットが素晴らしいです。


こちらは、「ダブルフェイス」からです。
三角筋が全体的に大きく発達しているので、上腕とのメリハリがつき腕も大きく見えますね。
タンクトップから見えるまんまるとした三角筋がカッコいいですね。
三角筋は前部、中部、後部に分かれていますが、西島秀俊さんは満遍なく鍛えられてるといえます。
役作りのために激しいトレーニングをしたのが想像できます。

男が憧れる浮き出る大胸筋

またもや「八重の桜」からですが、んー大胸筋素晴らしいですね。
谷間ができており、厚みも文句なしです。
胸板の厚さが増すと、男らしさも増しますね。

武士のような西島秀俊の体を作るトレーニング

筋トレ編(三角筋)

フロントレイズ

 

Jason Lawさん(@gymbodiesjay)がシェアした投稿


三角筋前部を鍛えるトレーニングです。

  • 両ひじを軽く曲げ、ダンベルを太ももの前で持ちます。
    このとき手の甲が前を向くようにします
  • 背筋が曲がらないように立ち、前側に胸の高さまでダンベルをあげます。
    体の反動を使わないようにしましょう。

サイドレイズ


三角筋中部を鍛えるトレーニングです

  • 両ひじを軽く曲げ手の甲が外側になるように足の横でダンベルを持ちます。
  • 両ひじをかるく曲げ両手を広げるように横にダンベルを上げます。
    この時真横ではなく若干斜め前にあげるのが効かせるコツです

ベントオーバーラテルレイズ

 

Seanさん(@son_of_zeus84)がシェアした投稿


三角筋後部を鍛えるトレーニングです

  • 上体を45度ほど前に曲げて、胸を張った状態でダンベルを持ちます。
  • 手のひら同士が向き合うようにダンベルを握ります。
  • その状態のまま、両手を広げるようにダンベを上げます。
    この時胸を張って背筋を伸ばさないと腰を痛めるので要注意です

上記三種目とも無理やり重いものを持ち上げようとすると、僧帽筋などの他の筋肉に効いてしまうので、無理のない範囲で三角筋を意識して行うことが重要です。

筋トレ編(大胸筋)

ダンベルベンチプレス


バーベルベンチプレスより可動域が広く、大胸筋をより収縮できます。

  • 肩甲骨を寄せ、胸を張り、ベンチと腰の間に握りこぶし1つほど空くように寝ます。
  • バーベルを持つように、手の甲が頭側を向くように手を伸ばしダンベルを持ちます
  • そのまま肘が90度程度になるようにおろします。
    この時ダンベルが上下にぶれないようにします。

有酸素運動編


筋肉があっても脂肪があると、脂肪に隠れて筋肉が目立ちません。
西島秀俊さんのように筋肉のカットが見えるようにするには、体を引き締める必要があります。
オススメは、筋トレ直後のランニングです。
筋トレ直後は脂肪燃焼効果が高いので有酸素運動が効果的です。
また、週2.3回の筋トレ後とはべつに、週に1.2回程度ランニングをするとより体がしまって筋肉はが目立つようになります。

食事編

taroさん(@taro19xx)がシェアした投稿


西島秀俊さんは、筋肉がありますが全体的にスマートな体型ですので、食事をめちゃくちゃ食べる必要はないでしょう。
普段の食事を、タンパク質多め(肉、魚、豆類)に摂ることを意識すると良いと思います。
また、筋トレの後の、ホエイプロテインは欠かさないようにすればスマートに筋肉がつけられるはずです。

まとめ

西島秀俊さんの武士の肉体を作り上げるトレーニングいかがだったでしょうか。
週2.3回の筋トレに加えて有酸素運動が必要なのでそこが大変になってくると思います。
有酸素運動を続けるのは大変ですが、西島秀俊さんの魂のこもった役作りを真似して頑張りましょう!

Facebook Twitter はてぶ LINE